上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2010年03月31日 12時ごろ訪問
麺処 こって牛@中延 / 牛そば

2010年2月10日オープンの新店。
大崎の本社に帰ったときに訪問。

中延駅からすぐ。
お店の写真は撮り忘れた。無念。

麺処 こって牛@中延

牛骨・牛すね肉・アキレスと野菜を煮込んだ濃厚スープとのこと。

麺処 こって牛@中延 / メニュー

メニューは『牛そば』『つけ麺』が基本。あとは麺の量と替玉、トッピングがある。
牛そばを並で。

   

   

麺処 こって牛@中延 / 牛そば
 牛そば(並) 500円

   

麺処 こって牛@中延 / 牛そば / スープ

想像していた以上に真っ白でびっくり。まるで牛乳ベースのスープのよう。
牛の臭みはなく、牛骨の旨み風味が程好く出ていて食べやすい。
甘さもなく醤油ベースでもないので、よくある牛骨ラーメンの『すき焼きのような』感じはなく、おいしかった。
濃厚と説明書きがあったが、野菜も多いのかかなり飲み口すっきりしている。

麺処 こって牛@中延 / 牛そば / 麺

細~中細ストレート麺。
麺が長くてちょっと食べずらい。でも牛しぐれや、挽肉が絡まるのでいいね。

麺処 こって牛@中延 / 牛そば / 具

牛しぐれ、挽肉、味玉半個、一味など。
牛しぐれや挽肉に違った味付けがされているので、スープに変化が出て面白い。

 

   

なかなかおいしかった。500円も安いね。
でもまぁ、これをまた食べたいかというか微妙かな。個性的なんだが引きが弱いかも?
つけは食べてみたいけどね。

汁:★★★★
麺:★★★
具:★★★★
総:★★★(3.8)

 

 

 

店名 : 麺処 こって牛 ( めんどころ こってうし )
住所 : 東京都品川区豊町6-1-2
電話 : 
営業 : 11:00~15:00/17:00~23:00
定休 : 月曜日

 

店舗情報は訪問した時点のものです。情報が古い可能性があるでご注意ください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Trackback
http://ramen26.blog4.fc2.com/tb.php/733-65a542ed
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FAVORITE
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
SEARCH
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
CATEGORY
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RAMEN MAP
既食店(好み度)&宿題店(訪問優先度)のラーメンマップ
現在バージョンアップ中!

全て開く | 全て閉じる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RAMEN BOOKS
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
LINKS
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Tiwtter
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PROFILE

■管理人:
 hi-snow(はいすのう)
■連絡:
 ramen.kuidaorekigmail.com
■説明:
 このブログはラーメン二郎と六厘舎をこよなく愛するラーメンブログです。
日々食べたラーメンの感想を綴っています。記事では食べたものの好み度を評価として表示していますが、あくまでhi-snow個人の好みですのでご参考程度にお願いします。
また、こちらもないようには心がけますが店舗情報、ラーメン情報が間違った情報が含まれている可能性があります。記述情報を参考にお店ヘ向かわれる方は、今一度他の情報サイトなどにてご確認の上お願いいたします。
以上を了解の上で当ブログをお楽しみください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
QR CODE
携帯電話用QRコード
QR
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。