上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2009.04.28 12時半ごろ訪問
大喜@根塚店 / チャーシューラーメン小

金沢・富山遠征。2杯目。
『喜八』のあとはこちらへ。富山ブラック元祖『大喜』でも創始者・高橋是康氏の数少ない直弟子のお店。

喜八から歩いて駅の反対側へ。そこで電車に乗った。
この電車が路面電車でちょっとビックリ。初路面電車だよ。
堀川小泉駅から徒歩10分ちょっと。

大喜@根塚店 / 店舗外観

メニューはこちら。
大喜@根塚店 / メニュー

メニューはチャーシューメンオンリー。小!とだけ注文する。

程なくして出来上がり~♪

   

大喜@根塚店 / チャーシューラーメン小
 チャーシューラーメン小 800円 

   

大喜@根塚店 / チャーシューラーメン小 / スープ

黒と言うよりは茶色いスープ。
濃度はそれほどなくさらりとしてる。
塩辛さはほとんどない。
コクのある醤油スープだな。なかなかおいしい。

大喜@根塚店 / チャーシューラーメン小 / 麺

中~中太の平ストレート麺。
モチモチとした食感がうまい。

大喜@根塚店 / チャーシューラーメン小 / 具

チャーシュー、メンマ、ネギ、黒胡椒。
チャーシューはもも肉の薄切りスライス。チョイパさだが、薄いのでスープにつけて麺と一緒に食べるとうまい。
メンマは味がしっかり染み込んだヤワメ。
ネギは厚めでかなり存在感ある。

 

なんかオレのイメージしてた富山ブラックとはちがうな。全然しょっぱくないし。
でもこれはこれで、おいしかった(^-^;

汁:★★★★
麺:★★★★
具:★★★★
総:★★★★(4.2)

 

 

  

店名 : 大喜 根塚店 ( たいき ねづかてん )
住所 : 富山県富山市根塚町4-2-8
電話 : 076-491-2929
営業 : 11:00~20:00(L.O19:50)
定休 : 水曜日

 

店舗情報は訪問した時点のものです。情報が古い可能性があるでご注意ください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Trackback
http://ramen26.blog4.fc2.com/tb.php/441-556426ac
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FAVORITE
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
SEARCH
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
CATEGORY
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RAMEN MAP
既食店(好み度)&宿題店(訪問優先度)のラーメンマップ
現在バージョンアップ中!

全て開く | 全て閉じる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RAMEN BOOKS
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
LINKS
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Tiwtter
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PROFILE

■管理人:
 hi-snow(はいすのう)
■連絡:
 ramen.kuidaorekigmail.com
■説明:
 このブログはラーメン二郎と六厘舎をこよなく愛するラーメンブログです。
日々食べたラーメンの感想を綴っています。記事では食べたものの好み度を評価として表示していますが、あくまでhi-snow個人の好みですのでご参考程度にお願いします。
また、こちらもないようには心がけますが店舗情報、ラーメン情報が間違った情報が含まれている可能性があります。記述情報を参考にお店ヘ向かわれる方は、今一度他の情報サイトなどにてご確認の上お願いいたします。
以上を了解の上で当ブログをお楽しみください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
QR CODE
携帯電話用QRコード
QR
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。