上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2008.05.14 18時半ごろ訪問
らぁめん一撃@松戸 / 一撃らぁめん

ど、どこに一撃入れてんだよ(^-^;

スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本日店頭に張り紙があったそうです。(友人目撃情報

6月中旬大宮へ移転するそうです。

詳細は後日確認してきます。( →確認してきました。 )

未食の方は今のうちにぜひ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

もし、ラーメン食っているときに突如「チンッ!」と電子レンジの音が聞こえたら?
これが我が家でならば問題ないが、ラーメン屋さんの店内であったならば。。。あなたならどう思う?

オレならばその音を聞いただけでガクンとテンションが落ちてその店の評価を下げてしまっていた。
のだが、最近ちょっと考えを改めた。

以前に某氏とその話をしたときに「手抜きをするわけじゃないなら別にいいじゃん。」と言われた。
確かにオレの中には「電子レンジを使う≒手抜き料理」ってあまりよくないイメージがある(一般の人はどうなのだろうか?
自分の家ならばまだしも、わざわざお店に行ってお金を払って食べる料理にはあまり電子レンジなんて使って欲しくない。
だが、手抜きではなくサービス向上の為になら別にいいのではと某氏。

なるほどラーメンやつけ麺を食べていて、多々不満に思うことがあるがその一部が電子レンジで簡単に解決するかも。
例えば、つけ麺の麺の上に乗ったチャーシューが冷たくて嘆くこともなくなるとか、熱っつ熱つのスープ割りが飲めたりね。
チャーシューを直前に炙るとか、焼き石とか独自のサービスでそういうことも解決しているお店もあったりするが、人手の問題とかでなかなか出来ないお店も多いだろうな。でも電子レンジなら。。。

そういえば、千葉の名店・嘉夢蔵@みのり台ではつけめんのスープ割りのときに麺を数本残しておけば、それでミニラーメンを作ってくれる。
そのときに電子レンジで再加熱してくれて、つけめんで食べるときとまた変わったスープの風味、麺の食感に驚いたものだ。

そんなこんなで、あくまで手抜きでなければ電子レンジ使ってもいいかな~なんて思うようになった。

でもあの「チンッ!」って音は萎えるのでやめて欲しいな(^-^;
音の出ない業務用電子レンジなんてあるのかな?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FAVORITE
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
SEARCH
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
CATEGORY
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RAMEN MAP
既食店(好み度)&宿題店(訪問優先度)のラーメンマップ
現在バージョンアップ中!

全て開く | 全て閉じる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RAMEN BOOKS
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
LINKS
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Tiwtter
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PROFILE

■管理人:
 hi-snow(はいすのう)
■連絡:
 ramen.kuidaorekigmail.com
■説明:
 このブログはラーメン二郎と六厘舎をこよなく愛するラーメンブログです。
日々食べたラーメンの感想を綴っています。記事では食べたものの好み度を評価として表示していますが、あくまでhi-snow個人の好みですのでご参考程度にお願いします。
また、こちらもないようには心がけますが店舗情報、ラーメン情報が間違った情報が含まれている可能性があります。記述情報を参考にお店ヘ向かわれる方は、今一度他の情報サイトなどにてご確認の上お願いいたします。
以上を了解の上で当ブログをお楽しみください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
QR CODE
携帯電話用QRコード
QR
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。