上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

もし、ラーメン食っているときに突如「チンッ!」と電子レンジの音が聞こえたら?
これが我が家でならば問題ないが、ラーメン屋さんの店内であったならば。。。あなたならどう思う?

オレならばその音を聞いただけでガクンとテンションが落ちてその店の評価を下げてしまっていた。
のだが、最近ちょっと考えを改めた。

以前に某氏とその話をしたときに「手抜きをするわけじゃないなら別にいいじゃん。」と言われた。
確かにオレの中には「電子レンジを使う≒手抜き料理」ってあまりよくないイメージがある(一般の人はどうなのだろうか?
自分の家ならばまだしも、わざわざお店に行ってお金を払って食べる料理にはあまり電子レンジなんて使って欲しくない。
だが、手抜きではなくサービス向上の為になら別にいいのではと某氏。

なるほどラーメンやつけ麺を食べていて、多々不満に思うことがあるがその一部が電子レンジで簡単に解決するかも。
例えば、つけ麺の麺の上に乗ったチャーシューが冷たくて嘆くこともなくなるとか、熱っつ熱つのスープ割りが飲めたりね。
チャーシューを直前に炙るとか、焼き石とか独自のサービスでそういうことも解決しているお店もあったりするが、人手の問題とかでなかなか出来ないお店も多いだろうな。でも電子レンジなら。。。

そういえば、千葉の名店・嘉夢蔵@みのり台ではつけめんのスープ割りのときに麺を数本残しておけば、それでミニラーメンを作ってくれる。
そのときに電子レンジで再加熱してくれて、つけめんで食べるときとまた変わったスープの風味、麺の食感に驚いたものだ。

そんなこんなで、あくまで手抜きでなければ電子レンジ使ってもいいかな~なんて思うようになった。

でもあの「チンッ!」って音は萎えるのでやめて欲しいな(^-^;
音の出ない業務用電子レンジなんてあるのかな?

スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
某アンケートで聞かれたので悩んでみる。
ついこの前までは「鶏白湯」「汁なし(まぜそば)」なんてのがあったね。
最近では「トマト」かな?

これからくるブームとしてはなんだろう。
カレーなどのスパイシー系かな。
個人的にな希望としては、「とんこつ」「牛骨」「鶏白湯」があって魚がないのはおかしい!ってことで「魚白湯」なんてラーメンがブームにならないかなぁ~
というか魚介系の材料で白濁スープは作れるのかな。出来るのならばぜひ食べてみたい。


。。。と書いていたがそういえば以前、井之上屋@春日部で限定で魚白湯を食べてた(^-^;
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

原材料や小麦の価格高騰で値上げするお店がぽつぽつと増えている。
去年10月の輸入小麦の価格を10%値上げに続き、今年4月ではさらに30%の値上げとなるそうです。さらにその他原材料も値段が高騰しておりラーメン店の店主としてはダブル、いやトリプルパンチ状態だそうです。

この件に対してhi-snow個人が思うことを吐き出してみる。
ま、ラヲタなので普通のお客さんとしての立場はないかもしれませんが。。。

 

普通ラーメンは600円台、つけ麺は700円台ぐらいが現在の相場かな。追加トッピングなしでね。
それ以下だと安くてお得、それ以上だとちょっと高いと感じてしまう。
だが同じ麺類でもパスタなどはフランチャイズ店以外だと普通に1000円前後が相場になるのでは?

どちらかといえばラーメンのほうが手間がかかりそうなのにこの値段の差はなんだろう。
たぶんパスタはちょっと豪華な食事だが、ラーメンは大衆食という認識が強いのだろう。この認識がラーメンに1000円以上なんてありえない感じてしまう。
個人的にオレはラヲタなので食事としてだけではなく趣味の出費として認識・納得しているのでラーメン一杯に2000円ぐらいまでは全然ありなのだが、一般の人にとってはこの考えもありえないんでしょうね( ^▽^)

さすがに昔の中華屋チックのあまり清潔でないお店で、カウンター席隅で飲んだくれのおっさんがいるようなお店では納得しきれないが、最近は内装もしっかりして小奇麗でおしゃれなお店も増えている(さすがに高級って雰囲気のお店はあまりないですが)。そいういうお店でおいしいラーメンが食べれるならば1000円の払ってもいいと思いませんか?

そんなこと言っても、気軽に食べれるのがラーメンってのも重要ですけどね。だからこそラーメンは国民食となりえたのですがら。

さてさて話変わって「原価率」って言葉があります。普通のお客さんならあまり聞きなれないのかもしれないが、ラヲタで店主と仲良くなるとそんな言葉も出てきます。
原価率を簡単に言えば、人件費などは含まず純粋にラーメンを作るのに必要な原材料費の値段に対する割合のこと。
通常のラーメン店では25~35%ぐらいが普通なのかな。40%なんてたぶんまともに営業できないでしょう。だってそこから従業員費にお給料払ったり、ガス代や電気代の光熱費、店舗の家賃を出すのですから。40%もいったら自分の給料なんてすずめの涙なんじゃないのかな。ま、オレは実際にラーメン屋の修行経験や、経営のことなんて無知なので想像でしかないのですが。
でも今回の問題でこのままだと40%台まで到ってしまうお店も多いんじゃないでしょうか。ラーメン売れば売るほど赤字になるなんて事態に。。。そうなると営業なんて出来ないですよね。
この辺もちゃんと考えてあげると値上げに対して鷹揚に考えられるのではないでしょうか?

なんかいつものごとくいきなり飛んだり意味不明な文章になってしまいましましたね(^-^;
去年の値上げになんとか耐えた多くのお店も、さすがに4月を機に値上げに踏み切らざるを得ない事態となるのでしょう。
しかしあまり拒否反応を示さず大きな心で容認して欲しいです。でないとお気に入りのお店が潰れちゃうぞ(^-^; 
さらにラーメン業界の将来さえ危うくなってしまいそうで心配です。

 

ラーメンブームは波あれど、オレは死ぬまでラーメンを食べ続けたい!
それまでラーメンの繁栄あれ!!

 

蛇足:
こういう事態にこそ「日本ラーメン協会」は動いて欲しいですね。
加盟する店舗は協会の先導で足並みそろえて同じ日に一律100円値上げするとか。そうすればお店としても動きやすく、お客も「仕方ない」と思ってくれるのでは?

注意:今回考えるのはあくまで個人経営のお店、フランチャイズは対象外。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FAVORITE
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
SEARCH
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
CATEGORY
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RAMEN MAP
既食店(好み度)&宿題店(訪問優先度)のラーメンマップ
現在バージョンアップ中!

全て開く | 全て閉じる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RAMEN BOOKS
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
LINKS
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Tiwtter
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PROFILE

■管理人:
 hi-snow(はいすのう)
■連絡:
 ramen.kuidaorekigmail.com
■説明:
 このブログはラーメン二郎と六厘舎をこよなく愛するラーメンブログです。
日々食べたラーメンの感想を綴っています。記事では食べたものの好み度を評価として表示していますが、あくまでhi-snow個人の好みですのでご参考程度にお願いします。
また、こちらもないようには心がけますが店舗情報、ラーメン情報が間違った情報が含まれている可能性があります。記述情報を参考にお店ヘ向かわれる方は、今一度他の情報サイトなどにてご確認の上お願いいたします。
以上を了解の上で当ブログをお楽しみください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
QR CODE
携帯電話用QRコード
QR
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSS
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。